山形県の子宝温泉

山形県の子宝温泉は五色温泉・あてらざわ温泉があります。

宗川旅館
山形県米沢市板谷498

湯元旅館
山形県西村山郡大江町大字左沢10-2

五色温泉

五色温泉は、1300年前(奈良時代)から続く歴史ある温泉地です。江戸時代に米沢藩・上杉氏の湯治場として整備されました。

透明で肌に優しく湯冷めしにくいお湯で、婦人病に効果があります。そのため地元では「子宝の湯」として知られており、毎年5月と9月に「子宝の湯祭り」が行われているそうです。米沢市のHPにも五色温泉は「古くから子宝の湯として知られる山の湯治湯」と書かれています。

宗川旅館
住所:山形県米沢市板谷498

この宿泊施設の詳細

あてらざわ温泉

あてらざわ(左沢)温泉は、昭和32年に開湯したと言われている比較的新しい温泉です。発見されて間もないですが、婦人病や冷え性に効く温まりの湯・子宝の湯として地元の人達に親しまれています。

湯元旅館
住所:山形県西村山郡大江町大字左沢10-2

この宿泊施設の詳細